仮想通貨投資で儲けたら税金を支払わなければならないのでしょうか

仮想通貨はブロックチェーンという高度な暗号技術を使った透明性の高いバーチャルな銀行で管理されています。実店舗を持たないので余分な人件費や経費が一切かかりません。大きな特徴は安全性が利用者によって相互保証されているということです。

仮想通貨は別名で暗号資産と呼ばれています。暗号資産投資は会社にバレたとしても問題はありません。暗号資産取引は株式投資や不動産投資と同じく、手持ちの資産運用にあたりますので副業には該当しないということです。

一般企業のサラリーマンが仮想通貨投資をしても問題はありません。地方公務員や国家公務員が暗号資産投資をしても全く問題にはなりません。これはただの資産運用の一つの形に過ぎないからです。

仮想通貨という暗号資産で投資をしたときに利益を出せた場合、税金がかかるのかどうか、しっかりと確認しておく必要があります。結論から先に申し上げますと、趣味や副業で仮想通貨投資をする場合には、1月から12月までの1年間の仮想通貨売却益が20万円未満であれば、納税の必要はありません。

つまり確定申告も不必要であるということになります。サラリーマンや公務員で確定申告を避けて副業をしたいと考えているのであれば、年間の利益が20万円未満になるように調整をしなければなりません。それで税金を支払う義務はありません。

それでは年間の利益が20万円を超える場合にはどうなるのでしょうか。詳しくは国税庁のホームページを参照しなければなりません。アルバイトや副業で収益をあげた場合に、年間の利益が20万円を超える場合には、その分に対して課税がされます。この場合、総合課税の一環として計算されますので、その計算方式を理解しておく必要があります。

このような状態ですから仮想通貨で副業をしている人はかなり多いです。仮想通貨取扱業者の選択がとても大切です。サイトの口コミ情報などを十分にチェックして、仮想通貨詐欺に合わないような対策をしなければなりません。

万が一日本で仮想通貨詐欺にあったと考えれば、すぐに奪われたお金を返金してもらうような手立てを考えなければなりません。弁護士に相談するのが一番ですが、費用が高額なので誰にも向いている方法ではありません。

日本国内で仮想通貨詐欺にあったら、消費者被害の相談窓口で相談してみてください。それには消費者庁が運営する消費者ホットラインがあります。それから国民生活センターなどの消費者被害の相談窓口がありますので、そちらで返金の対策などを相談することができます。

タイトルとURLをコピーしました